ぽこ あ ぽこ  音楽教室  岐阜ピアノ教室

岐阜県羽島郡笠松町にある 「ぽこ あ ぽこ音楽教室」
ピアノ、ソルフェージュを
丁寧に指導しています

私は、レッスンで、とにかく、しゃべりまくります。
説明して、語って、歌って…喉が休まる時はありません。


例えば…
「ワルツは3拍子の舞曲です。」と説明する先生と、
「ワルツがどんな踊りで、どうして3拍子なのか」を説明する先生。

「フォルテと書いてあるから、ここは強く。」と説明する先生と、
「どうしてここはフォルテなのか」を解説する先生。

「書いてある指使いで弾きなさい。」と指示する先生と、
「何故、この指使いで書いてあるのか」を説明してくれる先生。

皆さんは、前者と後者、
どちらの先生のレッスンが受けたいですか?


同じ教材を使っても、指導者の説明次第で、
生徒が得られる知識、技術、音楽性はすごく変わると思うんです。

なので、一生懸命、言葉を使いします。
できるだけ、伝えたいことにピッタリ合う言葉を探します。


私自身がレッスンを受けたり、聴講したりして、
素晴らしいなぁっと思う先生は、どの先生も、
ピアノを弾いて、歌って、たくさんの言葉で語る方です。

生徒が、言われたことを、その場でできるかどうかではなく、
「理解すること」を大切にしてくださる方です。

生徒が、今できなくてもいいから、理解して、家に持ち帰り、
時間がかかってでも消化できるようにしてくださる方です。


「何だかよく分からないけど、
先生のレッスンを受けてる間は上手く弾ける。
でも、家に帰ると、何か違う気がしてよく分からない。
先生の側を離れると、途端に上手く弾けない。」
なんてケースがあります。

要するに、マジックにかかってる状態です

そういう先生は、演奏家として、
とっても魅力的な先生であることが多いです。

オーラがあって、人を惹きつける魅力を持っています。
技術もありますし、音楽性も豊か。

ただ、残念ながら、こういう先生は、
先生ご自身は高く評価されていても、
なかなか弟子が育っていないケースもあります。

こういう先生を否定するつもりはありませんし、
合う合わないがありますが、
自身のレベルがある程度のところまで行ってから
師事しないと、難しいですね。

少なくとも、↑のように感じる場合は、
その先生に師事するには、自分自身時期尚早だと思います


話を戻しまして…

「生徒の理解」を大切にしてくださる先生は、
それぞれの先生によって様々ですが、
「伝える」ことが、本当に本当に上手です。

1つのことを伝えるのに、
たくさんの表現方法を持っています。

生徒が理解しているかどうかの判断や、
どの言葉で、生徒の耳に・頭に・心に届いたのか、
察知する能力にも長けています。

そして、その言葉を糸口に、あっと言う間に、
私の視野を、世界を、一回り広げてくれます。

私は、そんな指導者になりたいなぁ〜っと思っています。


もちろん、指導者は言葉が全てではありませんが、
指導者にとって、言葉は、とっても大切なツールということです。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック