ぽこ あ ぽこ  音楽教室  岐阜ピアノ教室

岐阜県羽島郡笠松町にある 「ぽこ あ ぽこ音楽教室」
ピアノ、ソルフェージュを
丁寧に指導しています

私は聴音指導が大好きです

私は絶対音感保持者ではないので、聴音は苦労しました。
でも、指導者にとっては、その苦労が全て財産になるのだから、
ありがたい苦労だったと思っています。

というわけで、絶対音感を持っていない生徒の指導は、
特に得意です


聴音で難しいのは、生徒の「聞こえ方」を理解すること。

どう聞いているかは目に見えません。

また、他人がどう聞いているかが分からないので、
比較が難しく、生徒自身も説明することができません。


生徒の聞こえ方が理解できない指導者は、
ただ、漫然と聴音課題を進めるだけだったりします。

いいテキストを購入して、順番通りに進めているのは
まだいいケースです。

聴音は書き取ったノートを見れば、
その指導者が何をさせたいのか目的も目標も、
きちんと分かるものですが、
ひどいケースだと、指導者が何をしたいのか、
さっぱり分からない場合もあります


ところで、絶対音感は、先天的な才能ではありません。
ただし、後天的と言っても、絶対音感を研究している専門家曰く、
タイムリミットは6歳まで。

6歳までにトレーニングを始めなければ、
それ以降、完全な絶対音感は身につかないそうです。

ということは、絶対音感保持者の方は、
小さな頃からずっと、絶対音感で音を聞いていることになります。

となると、絶対音感保持者は相対音感保持者が、
どのように音を聞いているか、分からないわけです。


また、「絶対音感」にも種類と言いますか、段階と言いますか、
そういうのがあって、「絶対音感がある」と言う人たちが、
全て同じ能力を持っているわけではありません。

しかし、その精度が高ければ高いほど、
相対音感保持者が、何故間違えるのか理解できないようです。

そうなると、聴音の「レッスン」にはなりません。
ただ課題を与え、繰り返すのみになるため、
CDつきのテキストを買って、家で練習するのと、
あまり大差がない…なんて場合もあります


レッスンというのは、
新しい知識や技術を「教える」だけではありません。
それなら、本で事足りてしまう部分も少なくありません。

では、何故、わざわざ生身の人間から指導を受けるのか。

それは、「指導者」というのは、
生徒のつまづきの原因や要因、問題点を見つけ出し、
それをクリアにする方法を考えることができるからだと思います


聴音のレッスンは簡単だと思っている先生もいます。
ソルフェージュのレッスン料は、ピアノのレッスン料より、
安く設定している先生も多くいます。

しかし、聴音の指導は、難しいものだと思います。

だからこそ、私は聴音指導が好きなんですけれどね

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. ありす
    • August 21, 2009 22:04


    • はじめまして

      中学3年生のありすです

      質問です

      ソルフェージュだけの授業?は、あるのですか?
    • 2. きみこ
    • September 15, 2009 06:07
    • ありすちゃん、はじめまして。

      せっかくコメントをくれていたのに、
      今日まで気付きませんでした…。
      ごめんなさい。

      音楽科の授業には、
      ソルフェージュの授業があります。

      また、ソルフェージュと一言で言っても、
      聴音、コールユーブンゲン、新曲視唱…
      というようにいろいろな勉強をします。

      ですから、「聴音」の時間、
      「新曲視唱・コールユーブンゲン」の時間、
      という風になっています。

      中学生だと国語は「国語」だけだと思いますが、
      高校生になると、「現代文」と「古文・漢文」を勉強します。

      大学ともなると、さらに分野が分かれると思います。

      ソルフェージュは、
      一夜漬けでどうにかできない分野ですから、
      もちろん高校1年生から授業があります。


      音楽科は音楽漬けでいられることが幸せでもあり、
      そして、それが時に苦痛です。

      もし音楽科に進学されるのでしたら、
      ぜひ、その喜びと苦痛の両方を味わって、
      深みのある演奏ができる人になってください。

      応援しています。
    • 3. ありす
    • September 15, 2009 16:24


    • 音楽科に進学する予定はありませんが吹奏楽をやっているので高校も続けていこうと思います


      私が行きたい学校はすごく有名なところなので学力をもっと鍛えたいと思います

      質問なのですが、音感を鍛えるのはソルフェージュをやるのが一番良いのでしょうか


    • 4. ありす
    • September 15, 2009 23:19


    • あと私は初見がものすごく嫌いで

      楽譜を見てリズムを理解することが少ししかできません

      アンサンブルや夏のコンクールではかなりきつかったです。

      高校で吹奏楽をやるにはそれを克服したいとおもいます

      今は音源やパートの人の音を聞いてがんばっていますがどうやったら克服できるとおもいますか?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック