ぽこ あ ぽこ  音楽教室  岐阜ピアノ教室

岐阜県羽島郡笠松町にある 「ぽこ あ ぽこ音楽教室」
ピアノ、ソルフェージュを
丁寧に指導しています

私が中学生、高校生だった頃は普通科は一般入試のみ。
それ以外の科は推薦入試というのがありました。

推薦入試は、学校の推薦枠が決められていて、
学校内で希望者が多い場合は、学内選考があり、
誰もが受けられるわけでもありませんでした。
ちなみに音楽科は、各学校1名だったはずです。


私が中学生になる直前に、親に、
「加納高校には音楽科があって、音楽の勉強ができるぞ。
そこは推薦入試ってのがあって、それで受かれば、
早く合格が決まって、楽だぞ〜。」
と上手いこと言われ、すっかりその気になった私。

目標のためなら、時間をかけてコツコツ努力するのが
全く苦にならないタイプの私は、
中学1年生からきっちり準備を始めました。

勉強も好きだったので、塾にも通っていましたし、
授業中、挙手できないタイプではなかったので、
授業態度はよかったと思います。
テストの点数もきっちりとっていました。

部活は…努力したとは言えませんが…、
運動系の部活で部長を2年間務め、
部内では強い方だったので、試合にも出させてもらっていました。

なので、内申書はよかったと思います。

音楽科の推薦入試は、勉強より実技の配点が高く、
実技ができないと合格しないので、
ピアノももちろん頑張っていました。

小学校4年生から音高受験に向けて準備していたので、
すんごい辛かった〜っとか、
めちゃくちゃ頑張った〜っというわけでもなく、
本当にコツコツと努力を積み重ねて、
自分の印象としては、割とあっさり合格できました。


ところが今は、岐阜県の高校入試は、
「特色科選抜」「一般入試」という、
1次募集、2次募集のようなシステムに変わりました。
誰もが、全ての科で、2回受験するチャンスがあります。

個人的には、このシステムはあまりいい印象を持っていません。

入試が全てだとか、不合格だったら人生終わりだなんて思いませんが、
人生には、一度しかチャンスがないって時があると思うんですよね。

私は「受験」「入試」というのは、
「世の中には一度しかチャンスがないことがある。」
「人生には、一度しかチャンスがない時というのがある。」
ということを練習、経験するために、
「受験」という勉強があるんだと思っていたのです。

自分が欲しいものを手に入れるために、
チャンスをつかむために、長い時間をかけて努力する。

もし、それを逃してしまった時は、その悔しさを噛み締める。
反省して、次の「ここぞ」という時に、
チャンスを逃さないためにはどうすればいいか対策を練る。

そういうことを学ぶのが入試だと思っていました。


なので、誰もが2回チャンスがあるというのが、
個人的にはあまり好きではありません。

ついでに、これはどうでもいいと言えば、どうでもいいのですが、
普通科も「特色科選抜」という名前で、ネーミングが気に入りません。


生徒に聞いたところ、クラスの半分〜3分の2は、
1回目の「特色科選抜」で合格するそうです。

さらに私立推薦または単願で早々に決めてしまう子もいるので、
そうなると、残された少数の子は、
受験から開放された浮かれた仲間たちが集まる、
ものすご〜く集中力のない教室で、
いろんなものを抱えながら勉強しないといけないんですよね。。。

もちろん、その残された子の方が、
その時、多くを学んで、素晴らしい大人になることも
大いに考えられるので、それはそれでいい学びの場だとは思いますが、
う〜ん、う〜ん、う〜ん…。

大学は高校と違って、ものすごく選択肢が広がるし、
浪人を選択しても驚かれませんし、いろいろな点で、
高校入試と大学入試は、やっぱり違うと思います。

今の子たちは、この制度をどう感じているのでしょう?

でも、今の子たちは、これが当たり前で、
比較ができないから、受け入れるしかないんですよね…。


ちなみに私には兄がいるのですが、高校入試は見事に失敗しました。
私は兄のその姿を見て学び、両親も兄の失敗から学びました。

おかげで、私は早くからコツコツと準備を進めることの大切さを知り、
両親は私のために、早くから受験指導の先生を探してくれたりと、
準備を手伝ってくれました。

兄はその失敗がよほど悔しかったらしく、
たくさん勉強して、名のある大学に合格しました。
なので、落ちてよかったと思います。

一方私は、「高校に推薦合格する」ことを目標にしてしまい、
高校に入ってからのことを、全く考えていませんでした。

そのために、高校入学後しばらく、何もする気が起こらず、
人生で初めて、「ピアノが楽しくない」と感じて、
そこから抜け出すまで、大変でした…。


ですから、合格が幸せ、不合格が不幸せとは限りません。

一生懸命努力した結果、不合格だったのなら、
そこには必ず、意味があると思うからです。

合格できなかった理由ではなく、
神様が合格させなかった理由があると思うのです。


もし、受験で辛い思いをしている方がいるとしたら、
声を大にして言いたいです。

「合格」は人間としての価値の証明ではありません。
生きていくのに必要な能力の証明でもありません。
たかが数種類の教科の点数に過ぎません。
学校が、幸せや将来を保証してくれるわけでもありません。

本当に学べる力のある人は、
どこでだって、誰からだって、何からだって、学べます。

努力して努力して不合格だったのなら、
「あなたは、どこでだって学べる能力を持った人だから、
どうしてもあそこでしか学べない人のために、
あなたの席を譲ってあげてほしい」
ということなのだと思います。


合格してしまった人は、合格の喜びに浸るのはそこそこにして、
そこで何を学ぶのかを、改めて、冷静に考えて欲しいと思います。

不合格だった人の方が、学びは大きいですから、
合格してしまった人は、意識して、自らを、
学びのスタートラインに立たせなくてはいけないと思います。

「努力したから合格できた」わけではなく、
その学校で学ぶべきことがあるから、合格したのだと思います。

私は、高校に合格したことで、道を見失いました。
そして、見失ったことで、たくさんのことを学びました。

ですから、私は弟子たちには、何度も何度も言っています。
「合格することが重要なことではない。
そこで何を学びたいか、何を学ぶかが大切。」

中学生の頃は、私も、「全てが通過点に過ぎない」ということが、
全く分かりませんでした。

でも、今は分かります。
高校も大学も就職も結婚も、全てが通過点の1つです。
合格も不合格も、全てが大切な道しるべです。


どうか、頑張ってる皆様に、
たくさんの幸福が降り注ぎますように

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック