ぽこ あ ぽこ  音楽教室  岐阜ピアノ教室

岐阜県羽島郡笠松町にある 「ぽこ あ ぽこ音楽教室」
ピアノ、ソルフェージュを
丁寧に指導しています

アマチュア吹奏楽団でパーカッションを担当しています。

実は、吹奏楽もパーカッションも
始めたのは2006年4月から。

ということで、やっと1年半経ったばかりの新人です。


友人に聞かれる質問No.1は、
「何で、吹奏楽始めようと思ったの?」です。

確かに、私と吹奏楽は、
私を知っている人間からすると、
ちょっとミスマッチな感じがすると思います。


始めた理由は、結構単純。
ピアノというのは、練習も演奏も、
基本的に孤独です。
Duoとか、伴奏をするとしても、2人とか3人の世界。

それで、ふと、
「大人数で演奏するってどんなんだろう?」っと
思ったのがきっかけでした。


高校時代は、ピアノ科の人間は副科で
弦楽器をとらなくてはいけなかったので、
ヴァイオリンを弾いてました。

なかなか要領もよく、センスも悪くなかったので、
オーケストラメンバーに選ばれて、
ファーストヴァイオリンを担当しました。

でも、特別やりたかったわけでもないし、
指揮してくださった先生が好きじゃなかったし、
無理して小指を痛めて、ピアノに支障をきたしちゃったし、
そこそこ楽しかったですが、
あんまり得るものがないまま、終わってしまいました。


本当は中学で吹奏楽部に入りたかったのですが、
かなり規模の大きな学校なのに、
吹奏楽部がないという信じられない学校で…。

高校では入るぞ!っと思っていたのですが、
当時、バスケに熱中してしまい、
バスケ部のマネージャーになってしまいまして…。

大学ではサークルにも入らず、
ひたすらピアノ漬けの毎日。
他の楽器には目もくれず、ピアノ一筋!

一応、副科でフルートをとったのですが、
1年レッスンを受けても、10分で酸欠状態は改善せず、
私には合わないんだなぁ…と、
せっかく買ったフルートは、今でも箱の中で眠っています。

卒業後は、バッハ等、バロック時代の音楽にハマり、
パイプオルガンを習い始めました。

そして、古典派、ロマン派を飛び越えて、
今度は近現代音楽が気になるようになり、
昨年、ふと思い立って、吹奏楽団に入りました。


打楽器には単純な楽しさと、究極のシンプルさと、
そして、信じられないぐらい奥深さを感じさせられます。

すっかり、打楽器の魅力にハマッてしまった私・・・。
でも、気をつけないと、
お金をたくさん使うことになりそうな…予感…。

いろいろな楽器やマレット類が欲しくて欲しくて・・・。
今は、パンフレットを毎日眺めているだけですが。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック