ぽこ あ ぽこ  音楽教室  岐阜ピアノ教室

岐阜県羽島郡笠松町にある 「ぽこ あ ぽこ音楽教室」
ピアノ、ソルフェージュを
丁寧に指導しています

今週は、コンクールに参加した子供たちと、
反省会というほどではないですが、
コンクールについて、話し合い。

「どうだった?」
「楽しかった?」
「疲れた?」
「緊張した?」
「自分の演奏はできた?」
「自分の演奏、覚えてる?」
「舞台袖ではどんな気持ちで待ってたの?」
「終わった後どうした?ご飯食べて帰った?」
「お父さんやお母さんに何か言われた?」
「また、コンクールに出たい?」

などなど、生徒の思いを聞いて、
プラスの感情は共有して増長させ、
マイナス感情は、溜め込まないよう、
外に吐き出させるようにしています。


普段のレッスンでも、私はすごく質問をします。
生徒の話や答えも、意味が分からないと、
「どういうこと?」っと、私が理解するまで質問するので、
生徒も、だんだん思いや考えを、
言葉で表現することが上手になっていきます。
自己分析もどんどんできるようになっていきます。



さてさて、反省する時の「ぽこ あ ぽこルール」は、
悪いことばかり言わないこと!
必ず、自分を褒めてあげることです

「あそこがダメだった。ココがダメだった。」とばかり言う子には、
「じゃあ、よかったところは?」
「頑張ったのはどんなところ?」
と聞いてあげます。

いいところも悪いところも、両方考える。
自分を認めた上で、今後の課題を見つける。
そうすることで、自信を持ち、向上心を持ち、
次も頑張ろうと思えるからです



話し合いの最後は、私がまとめます。

頑張ったところを認め、褒めます。
努力が足りなかったところや今後の課題を確認します。

そして、ぽこあぽこの「他の生徒」や、
コンクールに参加した「他の誰か」ではなく、
「昨年のコンクールに参加した生徒自身」
「習い始めたばかりの頃の生徒自身」
と比較して、成長したことを褒めるようにしています。

他人と比較するよりも、
過去の自分と比較した方が、
みんな、納得もいくし、表情も明るくなって、
大きな失敗からも早く立ち直ることができます



大きな一歩でなくてもいいから、
たまには休憩してもいいから、
少しずつ、少しずつ、歩みを進めていってくれればと思います。

先生は、時に先の方から早くおいでと呼びます。
歌いながら、手をつないで進むこともあります。
上り坂が辛そうな時は、背中を押してあげます。
転んだ時は、必ず駆け寄って、助け起こしてあげます。


そしていつか、先生の先を、
自分の足でどんどん歩いていってください。

自信に満ち溢れた背中を見守る日がやってくるのを
楽しみにしています

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック