ぽこ あ ぽこ  音楽教室  岐阜ピアノ教室

岐阜県羽島郡笠松町にある 「ぽこ あ ぽこ音楽教室」
ピアノ、ソルフェージュを
丁寧に指導しています

今日は来週のTea">Tea Time Concertの合わせ練習をしました


半分がクラシック。
半分がジャズ、ジャズアレンジもの。

クラシック歴は長いですが、ジャズ歴は短く、
しかも、きちんと勉強したわけでも、
習ったわけでもないので、
まだ雰囲気で弾いているだけ…。
とっても難しいです

何が難しいかというと、
Tea Time Concertでは、
ピアノ+ピアノ以外の楽器=2人で演奏します。

ピアノの私が、
「ドラム」「ベース」「ピアノ」の
3つの楽器を感じて弾かないと、
ち〜っともジャズに聞こえないのです…。

これが本当に難しくて、
心と頭と手がバラバラになることがあります。

そして、私が乗れないと旋律担当の方も乗れないわけで


今までの私の経験からすると…

クラシック育ちでジャズが好きな方とは
フィーリングが合います

クラシック育ちでジャズを聴きもしない方だと…
なかなか厳しいです

ジャズ・ポップス育ちのドラマーさん、ベーシストさんは
すごく合わせやすいです

その他のジャズ・ポップス育ちの楽器奏者の方は、
ちょっと合わせにくい、
もしくは、かなり合わせにくいです


伴奏というのは、実に奥が深いものだと思います。
そして、ピアノソロとはまた違った難しさと技術が必要です。

とある女優さんも、こんなことをおっしゃっていました。

「主演女優賞をとるより、助演女優賞をとる方が難しい。
主役の良さを引き出し、際立たせながら、
主役より目立ってはいけない。
それでいて、人の目や心、印象に残らなくてはならない。
主演女優賞ではなく、助演女優賞をとることができた時、
初めて、本物の女優として認められた時なのだ。」


私は、伴奏業では、恐れ多くも、
助演女優賞を目指して頑張っています。

お客様の声の中で、8割がソリストへの賛辞。
そして2割ぐらい、ピアニストへの賛辞がいただけた時が、
カフェなんかでは、
バランスのいい伴奏ができた時かなと思っています。


それにしても、Tea Time Concertのためにしている苦労は、
ものすご〜く勉強になっています。
毎月、毎月、違う方に伴奏できるなんてことは、
今までにない経験ですしね


来週、本番です。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック