ぽこ あ ぽこ  音楽教室  岐阜ピアノ教室

岐阜県羽島郡笠松町にある 「ぽこ あ ぽこ音楽教室」
ピアノ、ソルフェージュを
丁寧に指導しています

私の仕事の1つに、
『レッスンセカンドオピニオン』というものがあります。

医療の世界で使われているものと同じで、
先生が別にいて、客観的な意見が欲しい時に
利用してもらうものです。


音楽の世界は、医師の世界に実に似ています。
それまでの研修医たちの勉強の仕方に問題があるとされ、
研修医制度が新しく取り入れられましたが、
その問題は、音楽の世界にもそのまま当てはまります。

音楽の世界も、師匠がいて、
その師匠のやり方を真似てレッスンをする指導者が多く、
いい部分も悪い部分も、伝統的に受け継がれていきます。

例えば…
「私自身がバイエル(教材名)で学んだから、
生徒にもバイエルを使っています。」と、
教材研究をしないで、
自分のやってきたことをそのまま伝えようとする指導者が多く、
それは、本当に残念なことだなぁっと思います。

過去に教わってきたことが、
実は間違っていたということもあります…
教育にも、流行はありますしね…。


他にも、先生が生徒を囲い込んでしまうこともあります。
他の方に指導してもらうことは、
先生のプライドを傷つける行為と見なされ、
生徒のためでなく、先生のプライドのために、
ダブルスクールに嫌悪感を抱く先生もいます。


「師弟関係が昔に比べて崩壊してきた」と
悩んでいる講師も多いですが、
先生には質問できない、相談しにくい保護者の方も、
まだまだ多くいらっしゃいます。

そんな方々に、「指導」をするのではなく、
客観的な意見を伝えたり、相談に乗れる場があればと思い、
『レッスンセカンドオピニオン』を始めました。


セカンドオピニオンに使用するのは90分。
その時間の中で、
保護者と本人の話、テキストや演奏から、
今まで受けてきたレッスン内容や現状をできるだけ把握し、
先生の意図や目的を汲み取り、伝えます。

保護者の方が、お子様自身の本心が汲み取りきれず、
不安を感じて相談にいらっしゃる場合もありますが、
音を聞けば、大体本心は分かりますので、
本人に確認を取りつつ、伝えます。


そして、一番大変なことは、
本当の悩みや疑問点を引き出すことです。

実際にお会いするまでに、
少しでも信頼していただけるよう、
メールのやり取りも気を遣います。

もちろん、実際に会ってからも、
この人になら話してもいいかな…と
思っていただけるよう、努力しています。

これが最も重要で、本当の悩みを口に出せると、
口に出せただけでも、随分落ち着くようです。


それに対する、打開策を思い浮かぶだけ紹介します。
最終的には、何を信じ、選択するかは、
もちろん本人や保護者の方が選びます。


指導者に対する不信感を煽らず、
かと言って嘘はつけないため、
かなり気を遣う仕事でもあります。

大変ですが、最初は不安そうにいらっしゃったのが、
最後は笑顔で帰られる様子を見ると、
ちょっとは役に立てたかなと思えます


狭い世界、特殊な世界と思われるだけに、
こういうもの、こういう考えが広がっていくのには
時間がかかるかもしれませんが、
ピアノを習っている方々に、
気軽に利用していただけるようになると嬉しいです

興味を持ってくださった方は、下記ページをご覧の上、
メールにてお問い合わせください

レッスンセカンドオピニオン

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック