ぽこ あ ぽこ  音楽教室  岐阜ピアノ教室

岐阜県羽島郡笠松町にある 「ぽこ あ ぽこ音楽教室」
ピアノ、ソルフェージュを
丁寧に指導しています

「ピアノ講師はピアノだけ教えていればいい」
講師の中に、このようにおっしゃる方がいます。

「躾は家庭内でやるべきこと」
そうおっしゃる方がいます。


確かに、躾の基本は家庭です。
でも、父親や母親が、子供の全てを把握するのは無理です。
24時間監視でもしない限り。

私たち大人も、子供だったはずなのに、
大人になると、子供の頃の気持ちや、
自分の目で見ていたものを忘れてしまう大人が
あまりに多いなと感じます。

子供は、大人が思っているより、はるかに賢く、
そして、敏感です。

少なくとも、私が子供の頃、
大人が思っているよりずっと、大人の考えは見抜いていました。

どんなに小さな子でも、
パパに見せる顔、ママに見せる顔、
おじいちゃんに見せる顔、おばあちゃんに見せる顔、
兄弟に見せる顔、
幼稚園の先生に見せる顔、
お友達に見せる顔、
習い事の先生に見せる顔、
本当にいろいろな顔を持っています。



私は、子供は親だけが育てるものではないと思っています。
幼稚園や学校の先生
学校という小さな社会
地域の人々
習い事で関わる大人たち
そして、子供の周りに存在する仲間たち…


1対1という、濃密で、
しかも、比較的長期間に渡って成長を見守ることができる
ピアノ講師というのは、
子供たちが関わる数すくない大人の中で、
かなり存在感の強い生き物だと思っています。

ですから、「ピアノだけ教えればいい」とは思いません。


生徒は我が子のつもりで関わっています。
我が子なら叱るのに、他人の子だと目を瞑ってしまう。
そういう先生にはなりたくないと思い続けています。

ですから、ピアノ以外のことも教えます。


そして、「ピアノだけを教える」のは、
実は、すごく難しいことだと思います。

なぜなら、音楽は、その人自身だからです。

生徒の中にあるものを引き出すのは、
相当な苦労が伴います。
生徒の中に、たくさんの引き出しを作るのも、
相当な年月が必要です。

そして、生徒の中から引き出したものでないと、
音楽にはならないのです。


先生とは、先を生きる人。
先生とは、指導的立場の人。
そして、指導者とは、その生徒が行くべき道を指し示し、導く者。

知識や技術を表面的に教えることは
真の指導者ではないと思います。


私は、真の指導者になりたい。
今感謝されなくていいから、大人になってから、
「あの時、先生はこんなにも私のことを思ってくれていたのか」と
思い出してもらえる先生になりたい。


いつまでも、熱い先生でいたいです。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック