ぽこ あ ぽこ  音楽教室  岐阜ピアノ教室

岐阜県羽島郡笠松町にある 「ぽこ あ ぽこ音楽教室」
ピアノ、ソルフェージュを
丁寧に指導しています

私は、中・高・大と、吹奏楽未経験です。
アマチュア吹奏楽団に入団したのは、社会人になってから。

それまで、吹奏楽部のことは、
それほど興味がありませんでした。

今でも、吹奏楽より、オーケストラの方が好きですし


しかし、こんなにも吹奏楽部が日本中の学校にあることには、
何か意味があるのだろうと思います。

そして、自分が吹奏楽の世界に足を突っ込んでから、
「吹奏楽部」の功罪を考える機会が増えました。


吹奏楽部を機会に、音楽に目覚める子は、かなり多いようです。

専門の道に進まずとも、
社会人になってからも、吹奏楽団で演奏している方も
たくさんいらっしゃるようです。

「吹奏楽部に在籍していた経験がない」と言うと、
驚かれる方がほとんどです。

これが、功の部分。


しかし、いざ、音楽の道に行きたいと思い、
先生のところを訪れると、
「基礎が全然できていない」
「好きなだけではやっていけない」と、
私たちからすると、ごくごく当たり前のことを言われ、
諦める子も多いそうです

もちろん「それでも音楽の道に進みたい!」と言う子もいるので、
それならと、先生も必死に受験指導をするものの、
「こんなに辛いとは思っていなかった…」とついていけなくなり、
諦めたり、音楽が大嫌いになるケースも多いようで…。


せっかく音楽に興味を持ってくれるのに、
なぜこのようなことになってしまうのでしょう


吹奏楽部は、吹奏楽未経験であっても、
音楽科担当教員という理由で、
また、自分が学生だった頃に吹奏楽部に在籍していた、
という理由で、顧問にさせられるケースが多くあるようです。

医者の世界と音楽の世界って、本当に酷似しているのですが、
医者にも、内科、外科、歯科、眼科と専門家がいるように、
音楽の世界も、ピアノ、声楽、フルート、ヴァイオリンと
それぞれが、全く別の分野です。

中には、いくつかの楽器を演奏できる奏者もいますが、
「ピアノが専門ですが、声楽の指導もできます」と言うように、
2つ、3つと演奏できても、一番自信のある分野があります。

風邪をひいて、整形外科に行きませんよね?
眼科に行って、「腰痛がひどくて…」と相談しませんよね?

音楽も同じです。

でも、社会一般では、なぜか、
音大卒の人間は、みんなピアノが弾けると思っています。
合唱部や吹奏楽部の指導ができると思っています。

実際は、ピアノが弾けない音大生も、音痴な音大生も、
山ほど存在します…

ついでに、ピアノが弾けない学生は、
自分に関係のある音部記号(ト音記号、ヘ音記号等)しか
読めない人もいます。

同じ音楽なんだから、やったことなくても、
吹奏楽の指導はできるだろうと思われるのでしょうが、
脳外科と皮膚科ぐらい、分野が違うのです。


また、吹奏楽経験がある先生であっても、
全ての楽器の奏法を教えられるわけではありません。

となると、結局のところ、先輩から教わることになります。
しかし、その先輩も、吹奏楽歴数年のひよっこ

そもそも、その先輩もきちんとした指導を受けておらず、
先輩の先輩から受け継いだことを教えているにすぎません。
いいことも悪いことも、先輩から口伝で教わるわけです。


無理矢理、詰め込まれても、若さと勘だけで、
何となく吹けるようになってしまうという恐ろしい現実。

最初は、「ブォー」と音が鳴るのがやっとだったのが、
音階を演奏できるようになり、
いつの間にか、曲らしいものが演奏できるようになる。

そして、吹奏楽の最大の欠点は「合奏」という点。
個人の技術レベルが低くても、誰かが補い合うために、
全体としては曲として聞こえてしまいます。

ほんの1部分を演奏しているのに、
曲を演奏している気分になるのですから、
演奏していて気持ちもいいのでしょう。

そうすると、吹奏楽って楽しい、音楽って楽しいと、
錯覚(?!)してしまうのだろうと思われます。

あくまでも推測です…。


しかし、いざ、一人で1曲演奏しろと言われると、
丸裸にされてしまうわけです。

ピッチは不安定、音階もきちんと吹けない、
まして音楽的な表現となると…。

その上、専門家が指導しているわけではないのですから、
変な癖がついてしまっていて、
それを取るのに、相当な時間がかかることもあります。

残念ですが、「基礎ができていない」と判断されるのは、
当たり前のことだと思います


ピアノでも、いい指導を受けていない子は、
奏法はもちろん、楽譜の見方、練習の仕方、考え方、感じ方…
すべてを矯正しなくてはなりません。

その苦労は、指導者だけでなく、生徒自身も
相当大変なものです。。。


お金を払って、プロの指導を受けているところもあるそうですが、
私が知っているケースはほとんどが、
先輩が教えるか、アマチュア社会人が教えています。

最近は、そんな中学・高校の吹奏楽部のあり方に
問題を感じている方が増えてきて、
大学にも、吹奏楽指導科なるものが、
ぼちぼちできてきているそうです

吹奏楽指導を専門とする人が、
どんどん育っていってくれるといいなぁ〜。
中途半端な人間に習うのは、最もよくないですからね

音楽に限らず、もっともっとスペシャリストと接触する機会が、
小・中学生の段階であるといいのになぁ〜。


せっかく、音楽に興味を持つきっかけを
作ってくれている吹奏楽部。

学校にとっては、1つの部活に過ぎないのでしょうが、
音楽で食べてる人間としては、子供たちの芽を潰さないよう、
もう少し真剣に、部のあり方を考えて欲しいなと思います

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック